コカムの木
アーユルヴェーダ・ハーブやスパイスをインドから日本へ直送します
サフランロード
(写真上:コカムバターとコカムの木)         ◆アーユルヴェーダ ◆おもしろインド ◆マクロビオティック ◆セイタン ◆更新情報 ◆リンク集


香辛料(スパイス)
フェンネルの効果・効能と使い方

− インドカレー料理のスパイス/香辛料 −



フェンネル
フェンネル(英:Fennel、学名:Foeniculum vulgare)は、セリ科ウイキョウ属の多年草。
和名はウイキョウ(茴香)。
草丈は1mから2m。葉は糸状で、全草が鮮やかな黄緑色をしている。
6月から8月に枝先に黄色の小花を多数つけ、秋には7mmから10mm程度の長楕円形をした茶褐色の実をつける。
フエンネルの語源は、その乾燥した葉の外観から"小さな干し草"を意味するラテン語のフォエニクルム(Foeniculum)からきている。
   インドではソウフと呼ばれるが、このソウフという名前はアニスにも用いられているので、ほんとうのところはどちらを指しているのかわからない。 あるパックには英語名アニスとあり、別なパックにはフェンネルと書いてあったりする。
インドのレストランでは、ほとんどかならずといっていいほど、食後にローストされたこれが出てくる。

フェンネルシード(種子)の精油(オイル)の主成分はアネトール、フェンコンという物質で、食欲増進、利尿、健胃、消化促進、駆虫、肥満防止作用があり、 また種子のハーブティーは母乳の出をよくし、肝臓障害を改善するといわれる。この他に、殺菌作用もあり、洗眼やうがい薬にも用いられた。
香辛料(スパイス)、ハーブとして、食用、薬用、化粧品用などに古くから用いられている。
主産地はインド、中国、エジプトなど。
日本には平安時代に中国から渡来している。
西洋では魚料理やピクルスの風味付けに用いられ、インドではカレー料理に、中国では五香粉の原料として用いられる。 またパスティスやアクアヴィットなどの酒類・リキュール類の香り付けにも用いられる。
中世ヨーロッパでは、古くから使われていた料理用の代表的なハーブで、又、寝室のカギ穴にフェンネルをつめる習慣等から、魔除けやお守りとしても使われていました。
この様に、フェンエルは強さ・勇気・長寿をもたらす植物とされ、「精神の強さ」という花言葉の意味もここからきていると思われる。

ソウフを使ったマサラの作り方はこちら
ソウフ、クミン、アジョワンを使った消化促進サプリメント「チュアン」の作り方はこちら





カレーの本場、インドのオーガニック・スパイスなどは、サフランロードの店からお買い求めいただけます。




フェンネルのリンク集
ウィキペディア・・・粉砕した果実を水蒸気蒸留して精油を採る。収率はおよそ4-7%とされる。

フェンネル・・・全草に新鮮なアニスの芳香があり、「魚のハーブ」と呼ばれる





アーユルヴェーダ・マクロビオティック料理/基本食材の作り方リンク集
マサラ ヨーグルト ギー バターミルク ラッシー チャイ ジャグリ蜜 パニール グルテン セイタン
ごま塩 豆腐 豆乳 味噌 練りごま 納豆 漬け物 パン アーモンド コーフー



アーユルヴェーダのハーブなど(サフランロード通販)
アーユルヴェーダ
アシュワガンダ(粉)




馬の力が出るというアシュワガンダの100%ピュアー・パウダー。50g入り。(サフランロード通販)
アーユルヴェーダ
コカムバターの塊り


アーユルヴェーダのハーブ
コカムバターは天然の抗酸化剤として、乾燥肌に、皮膚のひびわれ、切り傷などに使われてきました。自然そのもののやさしい塗りごこちです。ギーのかわりにチャパティーにつけて、食べられてもいたんですよ
アーユルヴェーダ
ココナツの蜜の塊り


アーユルヴェーダのハーブ
ピラミッドの形に固められたヤシの蜜。ゴアではココナツ・ジャグリーと呼ばれ、独特のコクのある天然の濃厚な甘さ。Pさんはこの蜜を使って友人たちのチャイ・コンテストに優勝したそうです。なるほど、これは・・・という味になる!
アーユルヴェーダの
目薬 ネトラプラバ

アーユルヴェーダのハーブ
目に一滴たらすと、ものすごく痛くなりますが、そのせいか、たくさんの涙がでてきます。こんな目薬、見たことない。さすが、インドです










  このサイトはヤフー登録サイトです Since 2006/7/21
◆アーユルヴェーダ ◆おもしろインド ◆マクロビオティック ◆セイタン ◆更新情報 ◆リンク集