コカムの木
アーユルヴェーダ・ハーブやスパイスをインドから日本へ直送します
サフランロード
(写真上:コカムバターとコカムの木)         ◆アーユルヴェーダ ◆おもしろインド ◆マクロビオティック ◆セイタン ◆更新情報 ◆リンク集


クローブの知識と使い方

ー インドカレー料理のスパイス/香辛料の効果・効能 −



釘の形をしたクローブ

サンスクリット名 : ラバンガ
和名 : 丁子(ちょうじ)
使用個所 : つぼみ部分
効用 : 香料、黄色の染料、生薬、防腐剤などとして使用される。防錆効果も強く、またその殺菌、鎮痛作用で歯科の治療にも使われる。 香辛料としてカレー、肉料理、製菓、ウスターソース、ミートソース、ケチャップなどに利用される。  クローブの花蕾は釘に似た形をしているため、中国では釘を意味する「丁香」「丁字」の文字があてられ、フランス語では釘を意味するClou と呼ばれ、英語の Clove もこれを語源とする。非常に強い香気を持っているので、百里香という別名もある。

クローブは、学名 Syzygium aramaticum、フトモモ科の植物。高さ10mほどの常緑樹で、白い花が咲く。
花が開くと芳香が失われるので、開花直前のツボミをガクと共につみ取って乾燥させたものがスパイスとして使われる。 乾燥させると重量は初めの3分の1になる。

原産地はインドネシアのモルッカ諸島。 古くから中国商人の手でヨーロッパに持ち込まれ、強力な殺菌・消臭作用で注目された。
紀元前4世紀には、すでにアリストテレスがクローブの蒸留法を記述しており、古くからこの植物の薬効が知られていたことがわかる。
大航海時代にはスパイス貿易の中心的な商品の一つであった。 16世紀にはポルトガルがモルッカ諸島のクローブを独占したが、イギリスとオランダが、巨万の富を生むスパイス(クローブやナツメッグ)交易を巡り熾烈な争いをした。 これが新航路発見のきっかけとなったスパイス戦争で、17世紀、ポルトガルを駆逐したオランダは、クローブの栽培をアンボン島に限定した。
しかし、18世紀には、フランス人が密かに東アフリカのセイシェル島、モーリシャス島などに移植して栽培が始められた。
現在では、タンザニアのペンバ島とザンジバル島が生産量のほとんどを占め、その他、マダガスカル、モーリシャス島、スリランカ、マレーシア、インドネシア、西インド諸島などで栽培されている。

インドや中国では紀元前から殺菌・消炎・消臭に利用されていた。
ヨーロッパには中国商人が絹などと共にセイロン経由でもたらし、 6〜7世紀頃には王侯貴族の間に知られるようになった。 古代中国では臣下が皇帝の前に出るときにはクローブを口に含んだという記録がある。
その強い香気は洋の東西を問わず珍重され、日本にもかなり古く、5〜6世紀には紹介されていたようで、正倉院の宝物のなかにも当時輸入された丁子があり、源氏物語にも丁子の記述がある。

特徴的な香気成分はオイゲノール。 クローブはあらゆるスパイス類の中でも精油の割合が高く、約20%ある。 香りが最も効率的に抽出されるのは45度前後。
ゴキブリがこの香りを嫌うのでゴキブリ除けとしても使用されることがある。
またクローブの精油(丁子油)は日本刀のさび止めにも用いられた。
生薬としての花蕾を丁子(ちょうじ)または丁香(ちょうこう)ということもあり、芳香健胃剤である。
日本人にも案外なじみ深く、江戸時代から  ビンツケ油や匂い袋の香料として使われた。
クローブをオレンジやレモンなどの柑橘類に刺して乾燥させた物をフルーツ・ポマンダーと言い、 部屋や洋服ダンスの消臭・防虫に使われることもある。
アーユルヴェーダでは、香辛料としてカレー料理やチャイなどに広く用いられている。

クローブを使った サフランライスのレシピ チャイの作り方はこちら





カレーの本場、インドのオーガニック・スパイスなどは、サフランロードの店からお買い求めいただけます。




クローブの知識と使い方リンク集

* クローブは・・・コショウ、ナツメグとともにスパイス貿易の中心的な商品となる。
 
*クローブ・・・とは、はてな。

*クローブ・・・ クローブの花蕾は釘に似た形をしているため、中国では釘を意味する「丁香」「丁字」の文字があてられた。

*クローブ・・・蕾は同じ時期に大きくならないし、木に登ったり、梯子を使ったりして蕾みを摘むので収穫に人手を要する。


アーユルヴェーダ・マクロビオティック料理ー基本食材ーの作り方リンク
マサラ ヨーグルト ギー バターミルク ラッシー チャイ ジャグリ蜜 パニール グルテン セイタン
ごま塩 豆腐 豆乳 味噌 練りごま 納豆 漬け物 パン アーモンド コーフー



アーユルヴェーダのハーブなど(サフランロード通販)
女性にやさしい
シャタバリ

アーユルヴェーダのハーブ

シャタバリは「100人の夫をもつ女性」という意味で、あらゆる年代の女性に愛されつづけるアーユルヴェーダのハーブです。女性がとれば、女性ホルモンのバランスを維持し、生命力の強壮と若返りに絶大な効果があります。
沙羅双樹(さらそう
じゅ)クリーム


沙羅双樹(さらそうじゅ)クリーム


沙羅双樹クリームは、保湿性にすぐれ、肌をやわらかにし、乾燥から肌をふせぐという効能があり、つけてみるとスー!っとします。ヒマラヤに生育する沙羅双樹には、ブッダが死んだとき、この木が季節外れの花を咲かせたという有名な逸話が残されています。店長イチオシ商品。
ヒマラヤの神秘
シラジット


アーユルヴェーダのシラジット

シラジットは、ヒマラヤ山脈の圧力によって外部にしぼりだされた鉱物や植物のエキスで、ほとんどあらゆる種類のミネラルやハーブ成分がごく少量づつ含まれているというアーユルヴェーダの天然元気剤です。










  このサイトはヤフー登録サイトです Since 2006/7/21
◆アーユルヴェーダ ◆おもしろインド ◆マクロビオティック ◆セイタン ◆更新情報 ◆リンク集