アーユルヴェーダ・ハーブやスパイスをインドから日本へ直送します
サフランロード
         ◆アーユルヴェーダ ◆おもしろインド ◆マクロビオティック ◆セイタン ◆更新情報 ◆リンク集


シバンブ(飲尿療法)

− アーユルヴェーダ古典の健康・精神修養法 −

シバンブ(飲尿療法)は、アーユルヴェーダの古典「ダマール・タントラ」(Damar Tantra)のなかで説かれている健康・精神的修養法(シバンブ・カルパ)です。

最高神シバが妃パルヴァッティに教えを説くという形式で、5000年程前、サンスクリット語で書かれたということです。
それは、以下のようにして始まります。

「おー、パルヴァッティ。おまえに、多くの恩恵をもたらすシバンブ・カルパの正しい方法と儀式を教えよう!」

シバンブとは、文字通りに訳せば「シバの水」という意味であり、自分自身の尿をさしてます。
自分の尿(シバンブ)を飲む技法・儀式によって、健康と若返りの活力を得、クンダリーニを「第三の目」(第6チャクラ)にまで解放するために、昔からヨガを行する行者(ヨギ)たちによって修行されてきました。

シバンブ(飲尿療法)は宇宙的叡智の発露であり、極楽の甘露であり、老衰(ぼけ)や病を破壊することができるから、ヨギはほかの技法・儀式をおこなう以前に、シバンブをおこなうべきである、と説いています。
その具体的な方法の中で、どのような器具を用いるかという点については、このように説明されています。

「(シバンブ)をうける器具は次の素材のものがすすめられる。それは、金、銀、銅、ブロンズ、ブラス、鉄、土器、象牙、ガラス、聖木の木材、骨、皮、そして、葉などである。シバンブは、そのような素材のものに入れられるのがよい。なかでも土器がよい。そして、銅が、とびぬけて最高である」

それから、基本的な食生活について語ったあと、具体的な方法を説いていす。

「シバンブを修業する者は、しょっぱい・苦い食物を食べ過ぎず、夕食は軽くし、地面に眠り、自己の五感を制御しなくてはならない」

「賢明な修行者は、夜の四分の三が過ぎたころ、東に向かって尿を出す。そのとき、尿の最初と最後の部分は避けるべきである。ちょうど蛇の口と尾に毒があるように、パルヴァッティよ、シバンブの流れの場合においても、まさにそうであるからだ」

「シバンブは、老いや病を破壊することのできる極楽の甘露である。ヨギは、ほかの儀式に進むまえにこれを修練すべきである。口をゆすぎ、ほかの朝不可欠の勤めのあと、自分自身の尿を飲むのである」

それから、シバンブを続けておこなっていると、どのような効能がでてくるか、ということについて説明しています。
1ヶ月後には・・・体内が清浄になる。
2ヵ月後には・・・感覚が刺激され、活発になる。
3ヵ月後には・・・すべての病を破壊し、すべてのトラブルから解放される。
6ヵ月後には・・・叡智にあふれ、聖典を堪能するようになる。
7ヵ月後には・・・非凡な力を得ることができる。
8ヵ月後には・・・金の輝きを得る。
9ヵ月後には・・・結核やハンセン病からも自由になる。
10ヶ月後には・・・真に宝のような光彩をもつ。
11ヶ月後には・・・体内の臓器すべてが清浄になる。
1年後には・・・太陽のかがやきと同じものになる。
2年後には・・・地球(土)のエレメントを征服する。
3年後には・・・水のエレメントを征服する。
4年後には・・・光りのエレメントをも征服する。
5年後には・・・空気のエレメントを征服する。
7年後には・・・<誇り>を征服する。
8年後には・・・自然のすべての重要なエレメントを征服する。
9年後には・・・誕生と死という輪廻から解脱する。

このあと、シバンブとハーブの組み合わせについて語り、そして、このように結論しています。

「毎日、シバンブをとり、食から塩っぱい、酸っぱい、苦い味をさける人は、すみやかに<神聖>なるものを達成する。すべての病から解放され、シバ自身のような比類なき肉体を得る。永遠に、宇宙神のように自己を楽しむのである」
銅のカップ



アーユルヴェーダでは、毎朝、銅のカップに一晩置いた水を飲むことがすすめられてます。銅には、抗酸化作用があり、水を綺麗に除菌します。その水を飲むと、腸の働きを促し、便通をよくしたり、心臓の調子を整えたり、ウイルスの成長を阻害する助けがあると言われています。(サフランロード通販)






銅のクリーニング
・パウダー



銅クリーニング・パウダー

ぬらした布地に粉をつけて、銅製品をごしごしこすっていると、また新しいコッパー(銅)の輝きがあらわれてきます(サフランロード通販)





シバンブ(飲尿療法)リンク集
* 尿療法 (にょうりょうほう)・・・ は、尿を用いて病気を治したり健康を増進したりしようとする民間療法のひとつ。とりわけ、飲尿療法ないし自尿療法といった、「自分の尿を飲む」ものを言うことが多い。

* 尿療法の愛好者・・・ 政・財界、芸能界にも尿療法の愛好者は多く、俳優の森繁久弥さんは特に有名で、自分で飲用するだけでなく、がんで惜しまれながちこの世を去った人気司会者の逸見政孝さんに、「がんが治る唯一の健康法を知っている。おしっこを飲むんだ。わたしもやっているが、ぜひやってほしい」とすすめたほどです。

* 政木和三博士・・・林原生物化学研究所でいろんな実験をした結果、尿を飲むと、口の奥の方にあるセンサーがそれを感知して、自分に何が必要かがすぐに分かる。分かるから腎臓や肝臓など、あらゆる臓器が働いて必要なものを作ろうとする。

* Damar Tantra・・・contains 107 stanzas on the benefits of "pure water, or one's own urine". In this text, urine therapy is referred to as Shivambu Kalpa
鉄分の補給に
サプタアムリット




アキさん、いちばんのおすすすめ鉄分補給剤……「サプタムリット、本当に私はこれを飲んで、貧血とはおさらばしましたよ。健康でいれるってことは、すばらしいですね」と、言ってます(サフランロード通販)





アーユルヴェーダのハーブなど(サフランロード通販)
アーユルヴェーダ
アシュワガンダ(粉)




馬の力が出るというアシュワガンダの100%ピュアー・パウダー。50g入り。(サフランロード通販)
アーユルヴェーダ
コカムバターの塊り


アーユルヴェーダのハーブ
コカムバターは天然の抗酸化剤として、乾燥肌に、皮膚のひびわれ、切り傷などに使われてきました。自然そのもののやさしい塗りごこちです。ギーのかわりにチャパティーにつけて、食べられてもいたんですよ
アーユルヴェーダ
ココナツの蜜の塊り


アーユルヴェーダのハーブ
ピラミッドの形に固められたヤシの蜜。ゴアではココナツ・ジャグリーと呼ばれ、独特のコクのある天然の濃厚な甘さ。Pさんはこの蜜を使って友人たちのチャイ・コンテストに優勝したそうです。なるほど、これは・・・という味になる!
アーユルヴェーダの
目薬 ネトラプラバ

アーユルヴェーダのハーブ
目に一滴たらすと、ものすごく痛くなりますが、そのせいか、たくさんの涙がでてきます。こんな目薬、見たことない。さすが、インドです





アーユルヴェーダ・マクロビオティック料理ー基本食材ーの作り方リンク
マサラ ヨーグルト ギー バターミルク ラッシー チャイ ジャグリ蜜 パニール グルテン セイタン
ごま塩 豆腐 豆乳 味噌 練りごま 納豆 漬け物 パン アーモンド コーフー










  このサイトはヤフー登録サイトです Since 2006/7/21
◆アーユルヴェーダ ◆おもしろインド ◆マクロビオティック ◆セイタン ◆更新情報 ◆リンク集