マイソール白檀 サンダルウッドの木
マイソールのサンダルウッド、「老山白檀」って知ってますか?
サフランロード
(写真上:白檀の木)        ◆アーユルヴェーダ ◆おもしろインド ◆マクロビオティック ◆セイタン ◆更新情報 ◆リンク集

アーユルヴェーダのミラクルハーブ

サンダルウッド(老山白檀)の都、マイソールをたずねて(1)
−エッセンシャルオイルとの出合い−



チャンダン(白檀・サンダルウッド)
サンダルウッド(老山白檀)の木は、すべて登録され、番号がついている。(マイソールのオイル工場敷地内にて)





チャンダン(白檀・サンダルウッド)
マイソール・サンダルウッド(老山白檀)の最高級エッセンシャル・オイルは、ガラスのボトルにはいり、特別仕様の箱におさめられています。


いま、インドではサンダルウッドのものがどんどん消えていってます。盗伐やなんかで、サンダルウッドの木自体が激減して、政府の統制がきびしくなっているからだそうです。

私のよく行くアーユルヴェーダの先生のところでも、もうチャンダン(サンダルウッド・白檀)の入っている薬は、「取り扱い禁止」になったということで、何もありません。
街でも、サンダルウッドの商品を扱っている店が、警察に調べられたり、没収されたりして、一時期たいへん混乱したようです。たぶん、盗伐のサンダルウッドのルートを調べたかったのでしょうかね。
今は、ちょっとは収まっているようですが、街の業者の人たちはみんな警察の手入れを恐れて、あまり扱いたがっていないようなんです。

それでは、とまじゅは、サンダルウッドの中心地であるマイソールに行って、実際にどうなのか見てみようと思ったわけなんですよ。
寝台車の夜行バスにゆられて、ゴアからおよそ15時間、翌朝の9時ごろ、まずカルナタカ州の首都、バンガロールに着きました。
ここには私のお目当てのひとつ、マイソール・サンダルウッド・ソープで有名な「カルナタカ・ソープ&デタージェント」の本社工場があるんです。
タクシーで行ってみると、でっかいんですよ、入り口も警備員でかためられていて、ちょっと、入るのをためらわせるような威厳に満ちてましたね。
でも、日本から来たんだ、と言ったら、案外こころよくあっちのゲートから入るように言われました。
いつも思うんですが、インドでは日本人は好感をもたれているようです。ありがたいことですね。


チャンダン(白檀・サンダルウッド) チャンダン(白檀・サンダルウッド) 「カルナタカ・ソープ&デタージェント」の本社工場。ぎょうぎょうしいんで、まじゅは最初ちょっとビビリましたね。


結局、なんのアポももたず、名刺ももたず、ジェネラル・マネージャーのトリネトラさんに会うことができました。
「最近、サンダルウッドが激減しているらしいが、こちらの製品もオーストラリアのオイルを使っているんですか」、と聞くと、「いやそんなことない、全部マイソールのサンダルウッド・オイルを使っている」、と言ってました。

サンダルウッドの粉のこと、線香のこと、石鹸のことなどを話しているうちに、いつしか話題はサンダルウッドのエッセンシャル・オイルにいったので、私は「マイソールのサンダルウッドとほかのサンダルウッドはどこがちがうのか」と聞いてみたんです。
そうすると、彼はおもむろに後ろの棚からボトルをふたつ出してきて、右と左の手の甲にそれぞれ一滴づつたらして、ぬりこんでくれました。

右手にぬったのはオーストラリア産のサンダルウッド・オイルです。
「フム、これはいつもの匂いだな」とまじゅは思いました。いい香りでした。
「今度のはマイソールのオイルだよ」とトリネトラさんが、左手の甲に一滴つけてくれたエッセンシャルオイルの香りをかいだときのことは、忘れられませんね。
「あれー?」と思いました。 最初・・・「これ、なに?」ってかんじ。
頭のなかはからっぽだったんですが、大きなギャップのなかに入っていたんですよ。

それを言葉に出してみると・・・

まず、自分のなかに、マイソールのサンダルウッドは「老山白檀」という特別な名前がつけられているくらいだから、ほかのサンダルウッドより、はっきりと、強烈な香りがするのか・・・という思い込みがあったんです。
ところが、つけてもらった老山白檀の、それも最高級のエッセンシャルオイルの香りは・・・あくまでも、やわーらーかー、だったんです。期待は完全にうらぎられました。
でも・・・「あれー?」とまたこころのなかで思いました。
この香りをかいでると、自分のなかのまったく違うところに呼吸が入っている・・・この香りは、いままで使われたことのない新しいダイメンションに作用してる・・・みたいなんですよ。
あくまでも、やわーらーかーに、微細に、デリケートに、しかもプリンセスを思わせるような高貴な香りが、まじゅのなかのどこかフカーイところを、ビックリさせているんです!

「これは、ほかのサンダルウッドのオイルと全然ちがう」
と思ったころに、トリネトラさんが、
「どうだ、ちがうだろう?」と聞いてきました。
「いや、ほんとに、全然ちがいますねー」
とまじゅが言うと、
「これが世界一のサンダルウッド・オイルなんだよ」
とトリネトラさんが、にやりと笑いました。ははっ、してやったり!、というような表情でしたね。
「ほかのサンダルウッド・オイルだと、時間がたつと弱くなるけど、マイソールのオイルだと一日中香りが消えないんだ」
と彼は誇らしげに言ってました。

トリネトラさんと別れて、バンガロールからマイソールまで汽車でおよそ3時間、気がつくと、まじゅはしょっちゅう手の甲につけられたオイルの香りをかいでました。 そして、なるほど、トリネトラさんがいったとおり、香りがきえない・・・むしろ、ますます広がってくる、と思いました。


「これが世界一の香りなんだ。ほんとに、いいもんだなあ」
と、その日はおおいにハッピーなまじゅでした。





(2)サンダルウッド(老山白檀)の工場を訪ねてみた

(3)手作りのサンダルウッド香





− この「老山白檀」のエッセンシャルオイルは、サフランロードからお買い求めいただけます −




マイソールのサンダルウッド(サフランロード通販)
サンダル・ソープ



インドでは全国的に有名なマイソールのサンダル・ソープ。日本でも有名です。
サンダルウッド
お香(20本入り)


マイソールのサンダルウッド
手作りのピュアーなチャンダン香です。地味な香りですが、長く使っていると、やっぱり混ぜ物でない本物が良いとわかるようになります。
サンダルウッド
粉末(10g)


マイソールのサンダルウッド
パッキングはださいけど、品質は第一級品です。香りがちがいますね。
サンダルウッド
エッセンシャル・オイル

マイソールのサンダルウッド
マイソールの最高級、エッセンシャル・オイル。 繊細な、高貴な香りが、ほんとにすばらしい!




こんな質問や感想などをいただきました(サフラン・リングより)
○サンダルウッドは高貴で奥深い香ですね(~_~)(12月11日、Sさん)

○(サンダルウッドのエッセンシャル)オイル、 つけてから時間たったほうがいい香りです。待ったかいありました。 (11月9日、Mさん)

○サンダルウッドOIL&パウダー いつも嗅いでいる 香りと全然違います。 鼻につかず嫌みのない優しい香りでした。 (7月28日、Dさん)

○生白檀の香木の匂いをはじめて嗅ぎましたが 線香の匂とは随分違って、自然な樹木のすがすがしい香りですね。 ちょと感動。(6月23日MKさん)

○サンダルウッドの香りは半永久的に持続する。というようなことをよく聞きますが本当なのでしょうか (6月18日MKさん)

★正倉院の御物のなかにサンダルウッド(白檀)があって、現在でも香るというところから、半永久的に香りが持続するといわれています。 木のなかの心材部は長く持続し、削れば新鮮な香りをはなちます。 エッセンシャルオイルも密封しておけば長時間香りが拡散しません。 香りが無駄に拡散しない使い方・保存の仕方を保っておけば、半永久的とは言えなくても、かなり長期間香りを保持することができると思いますよ。 (まじゅ)










  このサイトはヤフー登録サイトです Since 2006/7/21
マイソール白檀 サンダルウッドの木
マイソールのサンダルウッド、「老山白檀」って知ってますか?
サフランロード
(写真上:白檀の木)        ◆アーユルヴェーダ ◆おもしろインド ◆マクロビオティック ◆セイタン ◆更新情報 ◆リンク集