コカムの木
アーユルヴェーダ・ハーブをインドから日本へ直送します
サフランロード
(写真上:コカムバターとコカムの木)         ◆アーユルヴェーダ ◆おもしろインド ◆マクロビオティック ◆セイタン ◆更新情報 ◆リンク集


14.ヨガとタントラの起源


瞑想の起源は、インダス文明が起こった紀元前2500年ごろにもとめられます。
ヨガの起源も同じころに始まったとされていますが、それはヨガと瞑想を同じものとしてみているためで、実際にヨガという言葉が使われだすのは、紀元前500年ごろまで待たなければなりません。
おそらく、この2000年の間は、瞑想とともにヨガの源流となるさまざまなエクササイズや考え方などが、明確な定義をされないまま、渾然一体となっておこなわれていたのでしょう。

インダス文明を起こしたのは古代ドラヴィダ人といわれる人たちで、紀元前1500年ごろに侵入してきたアーリア人とは異なった人種です。
いわゆるヴェーダという古代経典とサンスクリット文字は、アーリア人たちがもたらしたものですが、それからヨガという定義がされるまでの1000年くらいの間には、土着のドラヴィダ人と征服者としてのアーリア人とのあいだで、人種的・文化的な融合がなされ、さまざまな形態の宗教的な祈祷や儀式などが入りまじりながら、発展していったものとみなされます。

では、タントラの起源はいつなのでしょうか?
どの文献も、はっきりとしたタントラの起源は明確に規定できないとしています。
だいたいのところでは、「カーマ・スートラ」が書かれたとされる4−5世紀のころに、タントラの起源をもとめているようです。
8−9世紀には、カジュラホのタントラ神殿が創られまていますから、、このころまでに、タントラはかなり大きな力と影響力を持っていたことがうかがわれます。

私の推測では、もともとヨガとかタントラとかの区別もされずに修行されてきたものが、ヴェーダを機軸としてその教えと実践に即したものを「ヨガ」として規定したところから、この規定からはずれたり、または明確に対立するその他の人たちのあいだから、「ヨガ」にたいする「タントラ」という定義を作りだされていったのではないかと思います。
「熱い」という概念ができてはじめて、「冷たい」という概念ができてきます。
「長い」という概念がなければ、「短い」という概念も存在することはありません。
この世界は相対的なものです。
もともとはヨガやタントラなどという区別をせずに、神を敬い、自己のうちに神を顕現するためのあらゆる霊的修行が、パタンジャリのヨガ・スートラをきっかけとして、2−4世紀にヨガの定義が確立されていく過程で、その反動として、ヨガの教条に対立する学派や流派などが、タントラという新しい概念のもとに結集されていったのでしょう。
そのせいか、ヨガはパタンジャリの教義にそくして整理整頓されていったため、ひとつの整然とした形態を保持していますが、タントラのほうは反主流派として結集したといういきさつゆえか、かなり渾然とした中身をかかえつつ、それでもひとつの大きな霊的潮流として現在までつながってきています。




1−瞑想との出会い

3−瞑想の目的

5−瞑想の質

7−ヴィパッサナー瞑想

9−ワーリング瞑想

11−瞑想の起源と歴史

13.クンダリーニ瞑想−瞑想法の紹介−

15.瞑想におけるヨガとタントラのアプローチ

17.瞑想法の紹介、「私は誰か?」

2−瞑想とは何か

4−瞑想の種類

6−瞑想のやり方

8−瞑想の体験

10−トラタック(トラタカ)瞑想

12−瞑想とヨガ

14.ヨガとタントラの起源

16.瞑想とサット・サング

18.スピリチュアル寓話集「10人の馬鹿」


沙羅双樹(さらそう
じゅ)クリーム


沙羅双樹(さらそうじゅ)クリーム


沙羅双樹(さらそうじゅ)はインド北部、ヒマラヤ周辺にみられる木です。切り傷、やけど、乾いて痛んだ肌などによいといわれてます。つけてみると、スーっとします。私は先生から、耳の横にできたいぼ用に、このハーブをすすめられて、かなり小さくなりました。お気に入りの一品です。(サフランロード通販)








アーユルヴェーダ
ギーから作るクリーム



シャタ・ドルタ・グルタム

アトピーのお子さんをもつお母さんたちに大好評です。100%天然の薬用ギーのクリーム。(サフランロード通販)






◆アーユルヴェーダ ◆おもしろインド ◆マクロビオティック ◆セイタン ◆更新情報 ◆リンク集