コカムの木
アーユルヴェーダ・ハーブやスパイスをインドから日本へ直送します
サフランロード
(写真上:コカムバターとコカムの木)         ◆アーユルヴェーダ ◆おもしろインド ◆マクロビオティック ◆セイタン ◆更新情報 ◆リンク集


ミュースリーの作り方

- 朝食に種を食べる −

ミュースリはヨーロッパの朝食によくでてくる食べ物で、いろいろな穀物や種などに季節の果物を混ぜ合わせた健康食です。 通常は牛乳をかけて食べますが、わが家では豆乳やきびミルクをかけて食べています。私は、わが家のミュースリが世界でいちばんおいしいミュースリだと思っている。 ほんと。かけねなしに・・・。その秘訣をここで大公開しましょう。

材料(2人分)
オーツ 80g そば 30g
ひまわりの種20gごま20g
アーモンド20g干しぶどう5g
りんご1個1個

そのつど、分量のオーツを取り出します。こうすると、いつも新鮮な材料を食べることになります。
オーツをフロッケン・クエッチェ(フレーク粉砕機)にいれて、押し麦のようにします。1分もかかりません。小麦やディンケル麦を入れることもできます。
まず、オーツを7−8分ローストします。そこに果物・干しぶどう以外の材料を入れて、12−13分ローストします。
好みの果物を好きなだけ入れてください。干しぶどうもここで入れます。
5 ローストしたオーツなどを器に入れ、豆乳かきびミルクを入れて、できあがりです。
6 ごらんのように、わが家のバブー(一才)もぱくぱく食べています。

材料
ここで使っているものは、すべて、有機農法(ビオ)のもの。果物は、ヴィラーモの実家の庭のなしと、親戚の家の庭でできたりんごです。 日本でも有機農法の野菜や果物は、スーパーで売っているものと比べて20%くらい高いですが、食べごこちは50%くらい違いますから、結局は、賢い、安い、買い物になると思います。スーパーの野菜など見た目がよいだけで、中身はカスのようです。第一、あれほど完璧な形と色と一定の大きさがそろっているのは、よくよく考えてみるとまことに不自然ではないでしょうか。 ま、それはともかく、秘訣の第一は自然の材料を新鮮に使っていることです。

フロッケン・クエッチェ
フレーク粉砕機と訳されていますが、正確には穀物を押しつぶして、平べったくする機械です。ハンドルを手で回すと、平たくなった穀物がでてきます。 もちろん手動ですから、店で買う押し麦のようにまっ平らというわけではありませんが、そのぶんもともとの穀物の味わいがかんじられます。 食べる直前まで、穀物の生命が宿っているわけですから、これは新鮮です。

小麦やディンケル麦
オーツだけでなく、小麦やディンケル麦を入れたいときには、前夜に水洗いして、水から取り出し、一晩置いてから、機械に入れて平らにします。

ロースト
この20分のローストするということが、ミュースリの味を香ばしくする最大の秘訣です。やってみてください。食べてみればわかります。

豆乳ときびミルク
豆乳の作り方は豆腐のページを見てください。きびミルクの作り方は近日中にアップします。
アーユルヴェーダ・マクロビオティック料理ー基本食材ーの作り方
マサラ ヨーグルト ギー バターミルク ラッシー チャイ ジャグリ蜜 パニール グルテン セイタン
ごま塩 豆腐 豆乳 味噌 練りごま 納豆 漬け物 パン アーモンド コーフー



アーユルヴェーダのハーブなど(サフランロード通販)
アーユルヴェーダ
アシュワガンダ(粉)




馬の力が出るというアシュワガンダの100%ピュアー・パウダー。50g入り。(サフランロード通販)
アーユルヴェーダ
コカムバターの塊り


アーユルヴェーダのハーブ
コカムバターは天然の抗酸化剤として、乾燥肌に、皮膚のひびわれ、切り傷などに使われてきました。自然そのもののやさしい塗りごこちです。ギーのかわりにチャパティーにつけて、食べられてもいたんですよ
アーユルヴェーダ
ココナツの蜜の塊り


アーユルヴェーダのハーブ
ピラミッドの形に固められたヤシの蜜。ゴアではココナツ・ジャグリーと呼ばれ、独特のコクのある天然の濃厚な甘さ。Pさんはこの蜜を使って友人たちのチャイ・コンテストに優勝したそうです。なるほど、これは・・・という味になる!
アーユルヴェーダの
目薬 ネトラプラバ

アーユルヴェーダのハーブ
目に一滴たらすと、ものすごく痛くなりますが、そのせいか、たくさんの涙がでてきます。こんな目薬、見たことない。さすが、インドです










◆アーユルヴェーダ ◆おもしろインド ◆マクロビオティック ◆セイタン ◆更新情報 ◆リンク集