コカムの木
アーユルヴェーダ・ハーブやスパイスをインドから日本へ直送します
サフランロード
(写真上:コカムバターとコカムの木)         ◆アーユルヴェーダ ◆おもしろインド ◆マクロビオティック ◆セイタン ◆更新情報 ◆リンク集

サーモミックス

−ユーロライフのすぐれた道具たち−

―ゲトライデ・ミューレン
―フロッケン・クレッチェ

―サーモミックス―

このドイツ製の調理器具は、こねる、煮る、蒸す、混ぜる、重さをはかる、という仕事を、 正確に、しかも高性能にこなしてしまうという「スーパー・マシーン」で、 わが家のマクロビオティック料理を大きく支えている一方の雄です。
スープも作れる、パン生地もこねる、コーフーを作るときに2時間蒸すという作業も時間をセットするだけで簡単にできる、 などいろいろなことができるのですが、なんといっても圧巻は、ローストしたごまやアーモンドやカシューナッツなどをまたたくまにペーストにしたり、パウダー状にしたりしてしまうのです。 わが家では一年前に購入して以来、言葉につくせぬほど大活躍してくれています。
日本では手に入らないのだろうかと思って、グーグルで検索してみたら日本でも手に入るみたいです。 興味のある方は下をチェックしてみてください。
サーモミックスwww.vorwerk.co.jp/
私はこの会社とはなんの関係もないのですが、ここで紹介している多くのものがこの器具でらくらくできてしまいます。
毎朝、ヴィラーモとタミロが食べるミュースリの「きびミルク」は、きびとカシューナッツを使って20分でできます。
タヒニ(練りごま)はオーブンでローストしたあと、サーモミックスに入れて5分間高速でミックスするとできあがりです。
かなり高価なものですが、その仕事ぶりを目の当たりにすると、最終的には「納得の一品」と言えましょう。
どんなふうに使っているかに興味のある方は、下のページをごらんください。

サーモミックスを使っている食材のページ

○タヒニ(練りごま)の作り方
○味噌の作り方
○コーフーの作り方
○アーモンドクリームの作り方
○ヨーロッパの手作りパン
○きびミルクの作り方
 

   

―ゲトライデ・ミューレン―



これは穀物製粉機とでも訳すのでしょうか。
ヨーロッパの生活には不可欠の一品で、小麦、ディンケル麦、ライ麦、そば、米などの穀物を粉にする機械です。
そのつど必要な分量を粉にするので、いつでも新鮮な材料で、パン作りや料理に使うことができます。
スーパーなどで売っている粉より粗めになりますが、そのぶんしっかりとしたものができます。
このhpで紹介しているパンなどは、すべてこのゲトライデ・ミューレンで製粉したものです。

 

―フロッケン・クレッチェ―


これは穀物を平らなフレーク状にする手動の機械で、毎朝ミュースリ を作るときに、食べるだけのオーツをこれで押しつぶしてフレークにします。そのつどの量を作るのでたいへん新鮮な食べ物になります。
オーツはそのまま機械に入れてフレークにしますが、麦、バーレー(大麦)、ディンケル麦などを入れるときは、夜水で洗って、一晩乾かしておき、それを朝つぶします。 9cm * 12cm * 24cm とコンパクトな大きさながら、たいへん重宝な道具です。






アーユルヴェーダのハーブなど(サフランロード通販)
アーユルヴェーダ
アシュワガンダ(粉)




馬の力が出るというアシュワガンダの100%ピュアー・パウダー。50g入り。(サフランロード通販)
アーユルヴェーダ
コカムバターの塊り


アーユルヴェーダのハーブ
コカムバターは天然の抗酸化剤として、乾燥肌に、皮膚のひびわれ、切り傷などに使われてきました。自然そのもののやさしい塗りごこちです。ギーのかわりにチャパティーにつけて、食べられてもいたんですよ
アーユルヴェーダ
ココナツの蜜の塊り


アーユルヴェーダのハーブ
ピラミッドの形に固められたヤシの蜜。ゴアではココナツ・ジャグリーと呼ばれ、独特のコクのある天然の濃厚な甘さ。Pさんはこの蜜を使って友人たちのチャイ・コンテストに優勝したそうです。なるほど、これは・・・という味になる!
アーユルヴェーダの
目薬 ネトラプラバ

アーユルヴェーダのハーブ
目に一滴たらすと、ものすごく痛くなりますが、そのせいか、たくさんの涙がでてきます。こんな目薬、見たことない。さすが、インドです










◆アーユルヴェーダ ◆おもしろインド ◆マクロビオティック ◆セイタン ◆更新情報 ◆リンク集